コールドプロセス製法の石けんとは?

石鹸(石けん)の主原料となる植物油を焚き上げずに、ゆっくり作るのがコールドプロセス製法です。

40度前後とうい低い温度で製造するため、植物油やその他の素材のデリケートな成分を
比較的破壊することなく石けんに閉じめることができます。

個性豊かなさまざまな植物油をブレンドすると、贅沢な使用感の石鹸(石けん)を作ることができます。

日本国内でもコールドプロセス製法で石鹸を作っているところがあるのでご紹介しておきます。

①<A Href=”http://aiironet.com/SHOP/113686/list.html/” Target=”_blank”rel=”nofollow” >藍色工房 </A>(香川県)
藍という独自の天然成分を配合している、
②<A Href=”http://www.shabonya.com/ ” Target=”_blank”rel=”nofollow” >京都しゃぼんや</A> (京都)
使用する油脂にもこだわり、低温圧搾方法に作られた油脂を使用している。
③<A Href=”http://at-siesta.com/ ” Target=”_blank”rel=”nofollow” >Savon de Siesta(サボン デ シエスタ) </A>(北海道)
さまざまなタイプの石けんを作っているため種類が豊富。
パッケージがおしゃれ
ちょっと変わったコールドプロセス製法の石けん
①セルマッサージソープ
へちまを練り込んであり、ザラザラしているためそのまま肌の上でくるくるするとマッサージ効果のある石けん。
カフェインを配合していて引きしめ効果がある。
(製造は国内のコールドプロセス製法でつくる石けんメーカーに外注している。)

コールドプロセス製法の石けんの作り方を教えてくれる教室
①<A Href=”hhttp://fairemavie.com/ ” Target=”_blank”rel=”nofollow” >フェールマヴィ </A> (横浜)